MTBテクニックーウィリーのセッティングー

テクニック

MTBに乗っているなら技の王道ウィリー

ウィリーは、子供たちが憧れる?定番の技ですね。

難易度が高い、マニュアルよりも、ウィリーの方が簡単なのに派手な技なので、是非、この技を身につけよう!

ウィリーの練習で効率的に上手になるために必要なセッティング

効率的に上手になるためには、バイクのセッティングも重要になってきます。

一度、できる様になってしまえば、どんなセッティングでもできる様になったりましますが、コツを掴むまでは、バイクのセッティングを習得しやすいセッティングにしましょう。

まずは、ハンドルバー。

ハンドルバーが体から遠くにならないセッティングにしよう。

つまり、ハンドルのステムをライズが高いものにするとか。

ハンドルバー自体がフラットな物だったら、ライズが付いたものとか

でも、そこまでは。。お金かかるし、という人は、、、そのままでOKです!

ハンドルバーがフラットの場合で、そのまま利用するときのおすすめ方法は

フラットバーでも微妙に曲がり加工があるので、曲がって方を「上側」か「手前」にしましょう。

たまに新車は、ハンドルバーの両端が下がって付いてる場合がありますが、それダメです!

自転車で、アクロバチックなトライアル技をやる人は、みなハンドルバーは上向きになるように付けますよ!

サドルの高さ

これは、通常のサドルの高さでもいいです。

低すぎると、ペダルを漕ぎにくいし、リアタイヤから若干、離れてゆき、重心をリアタイヤに乗せにくくなりますからね。

ただ、最初はウィリーで横にフラついたときに、すぐに足を着けるように、低くしてもいいです。

ギアのおもさ

ギアは、普段走るより軽めのギアにしましょう。軽すぎてもあげにくいので、自分でやりやすい様にしましょう

最重要項目は、ブレーキレバーの取り付け位置と角度

ブレーキレバーと言っても特に、リアブレーキです。

ブレーキは、基本ひとさし指の1本でコントロールしましょう!

技の練習をしているときは、なるべくハンドルグリップには多くの指をかけましょう!安全のため

指1本になれると、2本以上でブレーキかけるのが、怖くなりますよ。とくに技の最中は

そのためには、ブレーキレバーを通常より内側に入れてください。いい感じの位置に調整してね!

※ブレーキレバーを固定するときは、自転車が倒れた時に、ずれる(まわる)くらいの力程度に締めるとレバーが壊れにくいです

ウィリーのためのセッティングまとめ

ウィリーを安心して、練習するためにも、自転車のリアブレーキは、強力なストッピングパワーをもったブレーキがいいですよ

ブレーキかければ、必ずフロントタイヤが下がる!という安心感は、上達への近道です。

雨の日とかは、ディスクブレーキでも滑りやすいので、あまり練習はお勧めしません。

どうもーありがとうございました!!!

タイトルとURLをコピーしました