失敗編!子供自転車 ブリジストン クロスファイアージュニアのブレーキシュー交換

メンテンナンス

クロスファイアージュニア 子供用の自転車のブレーキパッドを交換してみた!

クロスファイージュニアに取り付けられるブレーキは、なんだ?気を付ける点は?

クロスファイアージュニュアは、ブリジストンが出している男の子用の自転車として、人気の商品です。ですが、うちの自転車だけだと思いますが、フロントブレーキの効きが甘いです。急に止まろうとして、ブレーキレバーを思いっきり握っても、なかなか止まってくれません。

ブレーキの調整は、悪くなさそうでしたが、どうもブレーキパッドとリムの相性が悪いようです。ママチャリ型の子供の自転車と比べても、止まりません。

そこで、ブレーキパッドを交換する事にしました!まずは、自転車屋さんでブレーキシューの物色をして来ました。

一昔前に良く使われていたマウンテンバイク用のVブレーキ用の物もありました。こんな感じの↓

でもこれだとスペーサーに厚みがあるので、付きそうにありません。

ロード用のシューを見ていると丁度良いのがありました!ロードバイク用のコンポーネント105やULTEGRAのブレーキシューです。見たところ、金属スペーサーが薄めなので取り付けできそうです。またトーイン調整も可能なスペーサーが付いています。

ブレーキパッドの中には、ステンレスリム用とアルミリム用で使い分けがあった

105用のを購入することは、ほぼ決まりました。念のため、クロスファイアージュニアも店頭にあったので、店員さんに確認したところ、クロスファイアーはアルミリムであることを教えてくれました。また、アルミリムに合ったブレーキシューもお店にあったので、105の購入は見送り、こちらを試してみる事にしました。

購入したのが、こちら。



リムとの接触面の大きさを比較したら、小さい!

家に帰って、早速、パッドの交換作業をしました。大きさを比べてみると、ご覧の通り。
新しく買ったシューの方が、リムとの接触面が小さい。。ちょっと不安がよぎる。

早速、自転車に取り付けて見ました。付けてみるとこんな感じです。曲がってる(爆)。

トーイン調整ができないので、こうなっちゃうんです!なので、ゴム部分をカッターとヤスリで削ってみる事にしました。削る前がこんな感じで、半分しか当たってない。。

削ってみると、こんな感じになりました。

なんとか、ここまでリムとの角度を揃えることができました。トーイン調整は面倒なのであきらめました。

でも結局、クロスファイアージュニアのブレーキの効きは、改善せず!残念!!

タイトルとURLをコピーしました