29インチのマウンテンバイクとロードバイクで100kmを乗り比べてみた!

ロードバイク

乗り比べして、率直な感想

ロードとマウンテンバイクの2つのバイクで、100kmを乗り比べてみた感想を述べたいと思います。ロードバイクとマウンテンバイクのどちらを購入しようか迷っている方もいらっしゃると思いますので、その一助になれたら幸いです。

私がマウンテンバイクを購入した動機

40半ばを超えて、多少太ってきたので、ダイエット目的で購入しました。ちなみに、わたしの経験上ダイエット効果がある運動は、持久力運動より、瞬発力を使う公園トライアル的な運動の方が、痩せやすい気がしています。

話をもどしますと、舗装路を長距離走行してダイエットも出来ると考えて、自転車を購入したわけです。

マウンテンバイクを選んだ理由を書きます。

  • タイヤが太く、耐パンク性能が高い
  • 油圧式のディスクブレーキで、ストッピングパワーが強力
  • ウィリーやマニュアルの練習ができる
  • サスペンションで歩道も快適に走行できる
  • 29インチマウンテンバイクはロードに匹敵する速さがある

マウンテンバイクとロードバイクを乗り比べてみた感想は!?

実際に何回もマウンテンバイクで50kmから100kmの長距離を乗った経験を述べます。

マウンテンバイクの良いところは、タイヤが太く、グリップ力があるので、峠の下りのコーナーでスピード出しても安心感があり、楽しいです。

たいしてロードバイクの峠の下りも、ドロップハンドルの下側を持つと低重心で安定感のあるコーナリングができる気分がして、これはこれで楽しいです。

ただ峠のコーナーに車のスピード防止用の段差部分がわざと作られているんですよね。あそこは、タイヤが細い分、気持ち良く走れませんでした。ちょっと怖い。

あと、タイヤが細い分、グリップ力が、太いタイヤと比べると小さいので、雨の日もロードバイクの方が怖いですよね。

つぎに、比較したい点は、乗車姿勢(ポジション)!

マウンテンバイクは、ママチャリよりも前傾姿勢ですが、ロードに比較すると圧倒的にアップライトなポジションなので、咄嗟のトラブルにも対応できそうな安心感があります。

なので、入門車として購入するにはロードバイクは、あまり向いていないと思います。

つぎは、ブレーキに関する部分です。マウンテンバイクは、油圧式のディスクブレーキが備わっているので、ブレーキタッチが素晴らしいし、タイヤの太さとブレーキのパワーも相まって、ストッピングパワーは絶大なんですよね。やっぱり思い通りに停止できるのは大切だと思います。ディスクブレーキなので、天候に左右されにくいのも良いところですね。先日、ロードバイクで、雨が土砂降りの日に走ったら、全然、ブレーキが効かず、大変な思いをしました。

マウンテンバイクと言えば、ウィリー。ロードよりも簡単なので自転車で遊んで、スキルを磨くのに最適。大体、マウンテンバイクに興味持つ人は、ウィリーに憧れる人が多いのじゃないでしょうか?(偏見)。

ちなみにウィリーはロードバイクでも出来るみたいです。以前、ツインリンクもてぎのシマノの入門レースに参加したときの事なのですが、ロードのプロライダーの人が、ロードバイクの重いギアで、ウィリーしてましたね。やっぱりプロは、スキルがすごい。藤沢出身の三船さんだったかな、あの人も最初はMTBから自転車始めていますよね。たしか。。

マウンテンバイクの最大の特徴といっても良いのが、サスペンション!

これも、最初は楽しいのですが、慣れると飽きます。歩道も楽しく走れると考えたのですが、思ったほど、ストローク量が不足しているのか効果を感じませんでした。フロントサスペンションに限ったお話です。リアサス付きのMTBは、20年以上前に乗っていたことがあるのですが、忘れました。楽しかった記憶はあります。

ロードとマウンテンバイクで、それぞれの構成部品によって特色がすこしは伝わったとは思いますが、つぎは坂道とか、そういう部分での違いを説明してみたいと思います。

登り坂を何回も走ってみた感想ですが、ロードバイクの方に、簡単に追い抜かれてゆきます。これは体力の問題も関係するので、あまり参考にはならないと思いますが、明らかにロードバイクに乗っている人の方が、坂を登るのが楽そうでした。これが意外に悔しくて、ロードバイクに変更する一番の理由になりました。マウンテンバイクだと、アップライトなポジションかつハンドルバーも近いので、どうしても上体の力を使いにくい印象がありました。結果、脚力だけ使うので、長距離を乗り終わった後は、お尻の筋肉などが、かなり痛くなりましたね。ただヒップアップ目指す方はいいかも。あとはマウンテンバイクの方が、坂道を上るときのダンシング動作が、すごーく、もっさりする印象があります。タイヤが太いからでしょうか。皆さんに知っておいて欲しいのは圧倒的に坂道を登るのはロードバイクの方が得意だという事です。

そんなこんなで、マウンテンバイクに対する興味が薄らいでゆくのでした。。

ロードバイクの危険ポイント!

マウンテンバイクでロードバイクに抜かれる悔しさから、ロードバイクを実家から引っ張りだして、現在乗っています。ロードバイクはかなりのスピードがでるし、危険ポイントも沢山存在するので、そのポイントを述べたいと思います。

1つ目。ポジションは、初心者を受け入れさせない、かなりの前傾姿勢!上体の力を導入しやすくする為のポジションですが、事故では、頭から飛んでゆきそうなポジションですね。

また、タイヤが細い!ので、タイヤのグリップ力は、どうしても太いタイヤに負けます。ママチャリよりも細いのでグリップ力は低いですね。雨の日は、特に危険です。注意して走りましょう。

ブレーキも危険ポイントのひとつです。ディスクブレーキではないので、天候に左右されます。雨の日は、リムが濡れて、ブレーキ性能が著しく低下します。

また、ビンディングペダルも危険ポイント。わたしは、付けません。危険回避できないからです。素人には不要な長物だと思います。

結論!

長距離走行するのであれば、断然ロードバイクです。ただ、マウンテンバイクである程度、スキルを磨いて、特にブレーキングを練習してから、ロードバイクに移行するのが良いと思います。またビンディングペダルは、やめた方が良いと思います。調整も面倒だし、特に咄嗟の危険が迫ってきたときに足が思う様に動かないのは致命的だと考えます。

以上、わたしの感想でした。今後もマウンテンバイクの良い所、悪い所も別記事で報告してゆきたいと思いますので、楽しみにしてください!最後までありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました